建物登記のご案内

建物を新築、増築、取り壊した場合には不動産登記法により1ヶ月以内に

登記をしなければなりません。

当法人では、合同事務所の強みを生かし迅速且つ正確にリーズナブルな費用で

手続き等をいたします。

ご遠慮なくご相談下さい。

 

建物新築の一般的登記手続

 

【表題部】概算費用(日数約5日)

約8万円〜

 

必 要 書 類

○住民票謄本または抄本

○建築確認通知書(建築士から)

○工事完了引渡証明書

 (工事人の印鑑証明書付)

○委任状(実印または認印)

○その他(印鑑証明書等)

 

【甲区】概算費用(日数約3日) 

約2万円〜+登録免許税

 

必 要 書 類

○住民票謄本または抄本

○委任状(実印または認印)

○専用住宅証明書(減税のため)

 

【乙区】概算費用(日数約5日)

約4万円〜+登録免許税

 

必 要 書 類

○抵当権設定契約書(銀行等から)

○印鑑証明書

○委任状(実印)

○権利証または登記識別情報

○資格証明書

その他 建物に関する登記

○建物表題変更登記

 建物を増築して床面積や構造が変更になった時、または、住宅を改装して

 店舗等に変更したときなど、種類・構造・床面積が変更したときにする登記です

 概算費用:増築の時 約7万円~ 種類を変更した時 約4万円

 

○建物滅失登記

 建物を取り壊したりときにする登記です

 概算費用:約4万円

 

○区分建物表題登記

 主に分譲マンションの登記です

 個人の場合は、二世帯住宅に分けて登記したり、住宅とアパート部分を分けて

 登記するときにする登記です

 

 個人の場合の概算費用

 約10万円+(個数×2万円)(別途、公証人費用を負担する場合もあり)

 

あすなろ司法書士法人

司 法 書 士:比嘉 良泉

司 法 書 士:金城 仁史

土地家屋調査士:仲間 功

 

TEL:098-834-1100

FAX:098-834-8433

 

営業時間 

9:00~17:30

休業日

土日・祝祭日・年末年始

司法書士 金城仁史のブログ
司法書士 金城仁史のブログ

フェイスブックページも随時更新しています。以下のURLをクリックし、ご覧なられましたら、「いいね!」での応援をよろしくお願いします!!

 

https://www.facebook.com/asunarojimusyo